伝統


昔‥嫁入り道具として仕立てられたお着物

戦時中は贅沢が禁止されており、夜中にこっそりと届けられたのだとか…

そんな歴史や時代を潜り抜けて今に生きる「小大丸」さんの呉服。


日頃から婚礼衣装を目にする事が多い私達。


…なんという表現が相応しいのでしょうか


このお着物との出会いを

「感動」とういう表現でお客様に伝えるようになりました。


日本に受け継がれる文化や伝統

地色や柄、生地に至るまで 

職人さんの手仕事が重なり、一枚となる。

美しい文様の背景には惜しみない手間ひまと

熟練された技でこの世に生まれるのですね。


伝統を守りゆくこと。


REBLANCAとしても日本の古き良き伝統や文化を次世代へと

伝えていく役目を少しでも担えたら幸いです。


創業250年の老舗呉服店「小大丸」さんと創業2年の小さな私達‥

始動しているプロジェクトに光が見えますように…〇

私達の日々は繋がるご縁で生かされています。