奇跡が起きてくれた日。


「普通の結婚式はいや!

結婚式の概念を覆したい!」


建築の設計、デザイナーである新郎shoさん

助産師さんであるkanaさんと

2人が発してくれたそんなメッセージから

結婚式の準備が始まりました。



なんで2人は結婚式をするの?

なんで結婚式がしたいの?

普通じゃない結婚式って?

みんなとどんな時間を過ごしたい?

そもそも結婚式1日で足りる?それとも1泊2日?

じゃあ結婚式をどこでする?

ゲストに伝えたいことって?

これまでの人生を一緒に振りかえってみよう!



たくさんの時間を過ごして

たくさん話をしました。


時には、ご飯をたべながら、

一緒にお酒を飲みながら。


結婚式だって一生に一度だけど、

準備の時間も一生に一度。

結婚式の準備にかける時間をどう過ごしてもらうか、

プランナーの腕のみせどころだと思います。



そんな2人には

最後に大きな試練が訪れました。


大型で猛烈な台風19号の発生。。

5日前ほどにわかった台風情報。


そこから毎日のようにkanaさんと電話をしながら、

どう事態にそなえるか

準備を進めていきました。


電話するたびに、心が強くなっていく、

kanaさんの様子が手に取るようにわかりました。


不安に押しつぶされそうになりながらも

気丈に振る舞い、私たちにも気を使ってくれるkanaさん。

人とこんなに強くるんだ、、、って

私たちが弱音を吐いてる場合じゃない!

kanaさんの気丈な姿のおかげで

関わる皆が力をもらいました!



140名近いゲストが

全国から、海外からやってくる規模の大きい結婚式。

前日の夜、荒れ狂う台風の中、中止にせざるを得ないかもしれない。

延期をするか、キャンセルをするか

スマホの台風の進路天気予報図とずっとにらめっこしながら、

1分1秒事態が変わっていくことに備える。


当日の朝まで電車が動くかどうかわからない、

ゲストにとっても動くに動けない状況。


そして奇跡が起きました。


当日は、前日の嵐がうそのように、

太陽が顔を出し、晴れてくれました。


神様は見てくれてたんだな。2人の頑張りを!

本当にありがとう!!


アウトドアの結婚式してみたい!

と話してくださる新郎新婦さんは前より増えたように思います。

みなさんはどういうイメージがあるでしょうか?


自由で楽しい!

時間を気にせずゲストとゆっくりと過ごせる。

清々しい綺麗な写真が残せる。



色々な理由があると思います

アウトドアの結婚式には、

乗り越えないといけない壁がたくさんあるからこそ、

心も強くなる、結婚生活を乗り越えていくための、心の準備ができる期間、、

そう思います。



2人で価値観を合わせながら一つのことを作り上げる機会は他にはないと思います。

これからの2人が進んでいく道に大きな力を与えてくれると思います。


2人の人生のスタートの最初に、

これからの長い人生からすると、ほんの少しだけど、

思いを分かち合えるなんて、本当に幸せな仕事です!