リブランカが大切にしていること

最終更新: 2019年12月11日


通常、結婚式の準備期間は、半年から1年、

長い方だと1年半かける方もいます。

そして、私たちはその期間をご一緒させてもらいます。


長い時間の中でお二人の事を、根掘り葉ほりたくさん伺います。

そして、お二人の事と同じぐらい、

大切な家族やご友人の事、皆に伝えたい想いなどもたくさん伺います。

結婚式の前にお母様やお父様、ご友人の方とお会いしてお話をさせて頂くこともあります。


第三者の私たちだからこそ、

二人から伺った想いを、当日お会いするゲストに伝えることで

伝わる事もたくさんあります。

それを私たちは結婚式の中でお伝えする方法を必死に考えます。


そして誤解を恐れずいうならば、

結婚式の当日、スタッフは黒子になる必要はないと思っています。


なんなら、ゲストに混じって一緒に泣いて、笑って、誰よりも楽しみ、

ゲストとたくさんお話をさせてもらいます。


あるスタッフは、当日の朝、緊張しているお父様が

「いっぱいだけ一緒に飲んでもらえませんか」とお誘いを。

朝から一緒に乾杯させてもらいました!笑 

それを見ている新郎新婦さんもゲストも笑っている。

そんな場面もリブランカらしいと思っています!

(いつも飲んでいる訳ではないですよ!笑)



お見送りの時に、ゲストの方から

「新郎新婦さんとはもともとお友達だったんですか?」

とよく聞かれることがあります。


そんな質問に、

「いえ、違いますよ。でも今日からは友達です!」

ってニヤリとしながら答える私たち。


ゲストの方も楽しめるいい結婚式になったかなと感じられる瞬間です。


その瞬間を感じるために、リブランカスタッフは皆、結婚式当日は一生懸命楽しみます。